ルミガンを自宅で使用する際には皮膚病に注意

ルミガンは、もともと緑内障の治療薬だということをご存知でしょうか?

ルミガンには眼圧を下げる作用があるので緑内障の点眼薬として使用されてきましたが、その副作用として点眼薬が付着した際にまつげや頬の産毛が伸びるという作用が現れたことによってまつげ専用育毛剤として美容皮膚科や美容クリニックなどで販売されるようになりました。

まつげがもともと少ない人や、病気やケガによってまつげが少なくなってしまった人にも効果的であり、自宅で自分で点眼できるのでその気安さやまつげエクステをする手間よりも効率が良いということで、美容クリニックで購入して自宅で使用している人も多くいるようです。

ただ、ルミガンの自宅での使用があまりに頻繁になると、皮膚病を起こす可能性もあるので注意が必要と言えます。

ルミガンは確かにまつげの育毛には効果のある成分ではありますが、もともとは緑内障の治療に使用されていた薬であり、配合されている成分によってまぶたが下垂したり、かぶれたり充血するなど皮膚病を起こしてしまう恐れもあるのです。

皮膚病以外にも、使用頻度が上がることでまぶたに色素沈着を起こしたり、最悪の場合失明する危険性もあると言われています。
ルミガンを含め、プロスタグランジンが含まれている薬を使用する場合には、色素沈着や瞼下垂などの症状があらわれやすいとも言われているのです。

実はまつげだけを伸ばすというのは難しいことであり、特にまぶたが下垂してしまった場合には、美容整形などで形成手術で修正するのも困難なようです。

まつげ美容液やまつげ専用育毛剤といっても結局は普通の薬と変わりません。
効き目が強すぎて副作用がひどくなる可能性もあるので、特に自宅で使用する際には十分に注意しましょう。